• LINEで予約
  • 当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
閉じる

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

特長 Features

幹細胞バンクとは

StemSource®幹細胞バンク(脂肪組織由来幹細胞凍結保存システム)とは、ご自身の脂肪から採取した幹細胞を-150℃の窒素タンク凍結保存し、将来の疾患治療・エイジングケア・乳房再建等でご活用いただくためのサービスです。
加齢により幹細胞を含むすべての細胞は老化しますので、より若く、健康な時に幹細胞を保管しておくことが重要です。

当院では、東京院に幹細胞バンクの設備を整えています。

健康な時に採取した幹細胞を凍結保管しておくことは、将来健康を損ねた際、治療に役立てるための「保険」ともいえるでしょう。
幹細胞の保存にあたっては、マイコプラズマ汚染予防のため、-150℃の状態で厳重な管理下で凍結保存しております。

そもそも幹細胞ってなに?

幹細胞とは、「新しい脂肪」や「新しい血管」などに分化(変身)したり、自らを複製する能力を持った細胞のことです。いわば組織や臓器に成長するもとになる細胞なのです。
現在、この幹細胞の働きを応用した、様々な疾患治療の臨床研究が行われており、その有効性が期待されています。

幹細胞を保管する理由

若く健康な時の幹細胞の保管の推奨には、医学的根拠に基づいた2つの理由があります。

1.歳とともに、幹細胞の数が減少するため

年齢とともに細胞も老化し、培養時の増加数にも影響がでます。幹細胞が損傷・老化すると、がんが発生したり、老化症状や機能障害など、体調に様々な影響がでてきます。将来、幹細胞が必要となったとき、その細胞は能力の一部を失っているため、より若い時期に細胞を確保しておく方が良いのです。

2.病気になった時に、幹細胞を抽出するのは負担が大きいため

健康を損ねた際に脂肪を採取するのは身体への負担が大きく、採取も困難になります。そのため、若く健康な時にこそ、幹細胞を採取・保管しておく必要があるのです。なお、採取後約30年は保管が可能です

当院の幹細胞バンク

1.遺伝子添加や培養不要

当院のStemSource®幹細胞バンクでは、ご自身の脂肪から抽出した「脂肪組織由来幹細胞(Adipose tissue Derived Regenerative Cell:ADRC)」を使用します。

当院の幹細胞バンクでは、ご自身の「脂肪組織由来幹細胞(自己組織)」のみを使用するため、セリューション®900/MBシステムを使用することで培養が不要です。

2.マイコプラズマ汚染を予防・誤使用を徹底的に防ぐ体制を整備

細胞を保管する際に注意が必要とされるのが「細胞のマイコプラズマ汚染」の防止です。マイコプラズマとは、真正細菌の一種で、これに細胞が汚染されることをマイコプラズマ汚染といいます。通常、細菌に汚染された細胞は濁りますが、マイコプラズマ汚染された細胞は濁らないため、見た目では区別が難く、汚染された細胞は破棄しなければなりません。
そのため、細胞を保管する際には、いかに汚染を防止するかが、大変重要です。
当院のStemSource®幹細胞バンクでは、気相保存により、凍結保管時の汚染を回避しています。また、脂肪の採取から凍結までの全行程をサイトリ・セラピューティクス社の専用システム、ならびに安全管理マニュアル(GTP)に則って行います。さらに、脂肪採取・幹細胞抽出時に使用するキットなどは、全て使い捨てのものを使用しています。

凍結保管する幹細胞はもちろん、施術中に使用するキットも全てバーコードで一元管理し、誤使用を徹底的に防ぐ体制を整えています。

3.ISO取得

聖心美容クリニックは、美容外科では初めてISO9001:2008認証を取得しています。
ISO9001:2008とは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)に規定された品質マネジメントの2008年度版(最新版)です。国際水準的に、マネジメントシステムが確立していることを認証するものです。

4.幹細胞の抽出率が高まった「脂肪組織」を保管

幹細胞を抽出するセルソース(細胞源)には、骨髄や臍帯血などがありますが、脂肪組織は、幹細胞を抽出できる確率が高まっています。これは脂肪組織に含まれる幹細胞の量がとても多いことを示しています。同時に脂肪組織からは、培養をすることなく幹細胞を確保することができ、新鮮な幹細胞としてすぐに使用できることも大きな特長です。
また、臍帯血や羊膜などは採取できる対象者が限られているという問題点がありますが、脂肪であれば、ほとんどの方から採取でき、同時に痩身も可能というメリットがあります。

5.こだわりの脂肪減少術

脂肪組織由来幹細胞をより多く採取するためには、脂肪採取時に「脂肪細胞を傷つけないこと」が求められます。それは、脂肪細胞を破壊してしまうと、有効な幹細胞の量が減ってしまうからです。
当院では幹細胞を壊すことなく、一粒一粒ばらばらにされた良質な脂肪細胞を採取することができる「ベイザーリポ2.2脂肪減少術」を導入しています。

当院のStemSource®幹細胞バンクでは、ご自身の脂肪から幹細胞を抽出する際に「セリューション®900/MBシステム(Celution®900/MB)」を導入しています。このシステムは、脂肪組織由来幹細胞を含む再生細胞(ADRC)を約1時間で自動的に分離・洗浄・濃縮して抽出し、保存可能な状態の細胞に処理します。

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング

医師とのカウンセリングを行います。ご不明な点がありましたら、気兼ねなくお尋ねください。

STEP2患者様情報登録

患者情報を専用のシステムに登録を行い、患者固有のバーコード等を登録しIDカードを発行します。この専用システムは、当院の幹細胞バンク施設からのみアクセスできるようになっており、外部からの不正アクセスを防止しています。

STEP3脂肪組織の摂取

手術により脂肪の吸引を行い、100~260cc程度の脂肪組織を採取します。

STEP4処理

幹細胞保存室にてセリューション®900/MBシステムを用い、採取した脂肪組織から凍結保管(バンク)用の幹細胞を自動で分離・洗浄・濃縮して抽出します。

STEP5冷結保存処理

抽出した幹細胞をプロセスに則り、凍結保存をするための処理(※)を行います。また、幹細胞の量などを測定し登録をします。
※細胞を急激に凍結すると細胞が死滅してしまうため、抗凍結剤やヒト血清アルブミンを添加します。

STEP6冷結保存

処理された幹細胞を凍結します。プログラムフリーザー(超低温フリーザー)で、「STEP5」で処理した細胞液を細胞内外の浸透圧を+4℃から-90℃まで60分かけて徐々に凍結させて、その後-150℃の窒素タンクで保管します。

STEP7IDカード発行

専用のIDカードを発行します。幹細胞をご利用になる際はこちらのカードが必要となります。カードは最後にお渡しします。

幹細胞バンクとはについてよくあるご質問

脂肪組織由来幹細胞は、ES細胞やiPS細胞と比較して、再生能力が高いのですか?
まずES細胞やiPS細胞などの万能細胞と、脂肪組織由来幹細胞(体性幹細胞)では、先天性疾患、広範囲疾患、急性なのか慢性疾患なのか等によって適応が異なります。 ES細胞やiPS細胞は臓器そのものの再生などに使用されることが多く、脂肪組織由来幹細胞は臓器の修復に向いています。また、脂肪組織由来幹細胞は、ES細胞やiPS細胞、臍帯血由来幹細胞などと比較して、より多くのサイトカイン(細胞から分泌されるたんぱく質)を放出することが分かっています。
若いときに幹細胞を採取しておいた方がいいのですか?
幹細胞を含むすべての細胞は老化します。幹細胞は加齢に伴い、その組織再生能力、細胞の能力、そして、幹細胞の数までもが減退することが証明されています。幹細胞が損傷・老化すると、がんが発生したり、老化症状や機能障害など、体調に様々な影響がでてきます。
また、健康を損ねた際に脂肪を採取(脂肪吸引)するのは身体への負担が大きく、採取も困難になりますので、若く健康な時にこそ、幹細胞を採取・保管しておく必要があるのです。
すでに持病がある場合でも、幹細胞の保管は可能ですか?
持病がある方でも下記の禁忌を除き、脂肪吸引が可能な持病であれば、幹細胞の保管は可能です。幹細胞による治療に関しては、その限りではありません。
<禁忌>
  • 自己免疫疾患のある方
  • 人口透析を受けられている方
  • 強い薬を服用中の方(ワーファリン、インターフェロン等)
  • 悪性腫瘍の既往がある方

※悪再発の可能性が無いと診断されている状態でないと、幹細胞の保管は推奨されません

※必ず主治医の許可を得てください

最長、何年保管してもらえますか?
現段階の研究では、30~35年間は問題なく保管できることがわかっています。なお、当院の幹細胞バンクは5年単位でのご契約となり、5年以降の延長も可能です。
預けた本人が病気になった場合、代理の人間が幹細胞を受け取ることはできますか?
実際に保管した幹細胞を使用する際は温度管理が重要なため、預けた本人が受け取るのではなく、治療を実施する病院・医療機関に移送する流れとなります。
臍帯血や皮膚から採取する幹細胞と脂肪組織由来幹細胞は、何が違うのですか?
脂肪組織と比較して、各細胞内に含まれる幹細胞の量に大きな差があります。脂肪組織由来幹細胞は、他の体細胞(臍帯血、皮膚など)より多くの幹細胞が含まれており、効率良く大量の幹細胞を抽出できるのが特長です。
幹細胞を預けた本人が亡くなったら、破棄されるのでしょうか?
原則として、現時点ではお預けになったご本人以外の方が使用することはできません。ご本人が亡くなった場合は破棄、もしくは法定相続人の方の同意を受けた上で、研究に利用させていただきます。
マイコプラズマ汚染の心配はありませんか?
細胞を保管する際に注意が必要とされるのが「細胞のマイコプラズマ汚染」の防止です。マイコプラズマとは、真正細菌の一種で、これに細胞が汚染されることをマイコプラズマ汚染といいます。通常、細菌に汚染された細胞は濁りますが、マイコプラズマ汚染された細胞は濁らないため、見た目では区別し難く、汚染された細胞は破棄しなければなりません。 そのため、細胞を保管する際には、いかに汚染を防止するかが、大変重要です。
当院のStemSource®幹細胞バンクでは、気相保存により、凍結保管時の汚染を回避しています。また、脂肪の採取(脂肪吸引)から凍結までの全行程をサイトリ・セラピューティクス社の専用システム、ならびに安全管理マニュアル(GTP)に則って行います。脂肪採取・幹細胞抽出時に使用するキットなどは、全て使い捨てのものを使用しています。
停電が起こった場合、凍結保存した細胞は大丈夫ですか?
停電が起こった場合でも、非常電源が作用しますので、-150℃の凍結状態は維持されます。また、全く電気が流れていない状態でも、内部の液体窒素が無くならない限り(1週間)は温度変化が生じませんので、まず問題ありません。

こんな施術もおすすめ

Contact

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
来院予約 ご相談・お問合せ