• LINEで予約
  • 当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
閉じる

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

二重術(切開法)の特長 Featurse

はっきりとした二重をご希望の方へ

二重切開法は、目の上の余分な皮膚を取り除くことで二重のラインをデザインする施術です。
はっきりとした二重ラインを希望する方や戻りにくい二重ラインをご希望の方におすすめです。
皮膚の余り(たるみ)があるために埋没法では希望する二重を作ることができないまぶたは、全切開法を用いて余分な皮膚を切除することでキレイな二重ラインに仕上がります。当院では、目の周りの筋肉や脂肪も必要に応じて処理しているため、目元の重みや、腫れぼったさの改善も期待できます。

このような方にオススメです。

  • 厚く腫れぼったい瞼をすっきり二重にしたい方
  • 幅広の二重にしたい、平行型の二重にしたい方
  • 埋没法の糸が緩んで元に戻ってしまった
  • まぶたの脂肪除去も一緒にしたい方
  • 奥二重狭い二重をはっきりとした二重にされたい方
  • 目を開けるときに感じる重たさを軽減したい方
  • 二重のラインとまつ毛の間の皮膚のたるみ・しわが強い
  • 加齢によるまぶたのたるみが気になる方
カウンセリングになりたい目の写真を持っていっても大丈夫ですか?

カウンセリング時になりたい目もとの写真をお持ちいただく方は多いですよ。実際にお持ちいただかなくても、カウンセリングの際に、「芸能人の○○さんのような目になりたい」と仰っていただけたら、インターネットで検索して、患者様と画像を見ながら診察することもあります。遠慮せず、お気軽にご希望を仰ってくださいね。

本来の二重の状態に近づける切開法

二重にしたいけれど、元に戻すことのできる埋没法を希望される方は多くいらっしゃいます。しかし、現在の瞼の状態とご希望の仕上がりによっては、切開法だからできる二重もあります。その場合は、埋没法でできる二重と切開法でできる二重のイメージをご提案し、患者様のご希望に合わせて施術法を選択していただきます。術後の仕上がりとイメージの相違も少なくなりご希望の目元に近づけることができます。

切開法ならではの特長

1. 「皮膚のたるみ」「眼輪筋の重さ」「眼窩脂肪」の除去に対応。

幅広い二重をご希望の場合、瞼が分厚いと埋没法ではぼてっとした印象に見え、不自然な仕上がりになる場合も。
アジア人は進化の過程で瞼に脂肪がつくようになり、これが目を開けにくくしてしまう要因となっていました。その他にも、皮膚のたるみや眼輪筋(目の周りの筋肉)の重さなども加わり、二重になりにくい目元になっている場合もあります。

診察でその症状が確認できた場合には、まぶたの厚さや筋肉、脂肪の量、たるみやくぼみの状態などによって、切開する長さや幅、切除する組織を調節しながら、きれいな二重に仕上げています。
切開法は余分な皮膚の除去など症状に応じた対処法が広いため、一重まぶたの原因をすべて解決することができます。結果、重たい目元がすっきりとした二重まぶたになり、目も大きく見えるようになります。

2. 上向きまつ毛にすることができる。

まつ毛が下向きに伸びているいわゆる逆さまつ毛(まつ毛の下垂)は、上まぶたの皮膚がまつ毛のほうに覆いかぶさるようになっているために起きます。
目が小さく見えてしまうこともあり気にされる方が多いですが、切開法で施術する際に、まつげの向きが上向きに矯正されるように皮膚を縫い着ける対応もします(追加費用なしでお受けいただけます)。

二重はなぜできる?

上まぶたの縁には、瞼板(けんばん)と呼ばれる組織があります。そしてこの瞼板には挙筋と呼ばれるまぶたを持ち上げて目を開けるための筋肉がついています。
二重の方はこの挙筋とまぶたの皮膚がくっついているために、まぶたを持ち上げる際に皮膚が引っ張られてラインが入り、これが二重となっているのです。生まれつき一重の人は挙筋腱膜とまぶたの皮膚がくっついていないため、目を開けても ラインが入りません。

二重のりで起きる目のかぶれ

最近では、二重のりの長期使用で目の周りがかぶれたり、皮膚が伸びてしわになったりしたため二重施術にしたいとご相談される方が増えています。
二重施術を行えば、毎日のメイク時間の短縮になるだけでなく、かぶれや炎症の心配もなくなるというメリットがあります。

やっぱり怖い…とご不安の方へ。
少しでも不安を和らげるために、当院が行っていること。
まずは、カウンセリングに来てみませんか?

当院では二重施術を受けているスタッフが多く在籍しています。
医師によるカウンセリングの前後で、実際に施術を受けたスタッフの体験談をお話しすることもできます。
当日手術もできますが、カウンセリング後、ご自宅で検討される方も多くいらっしゃいますし、無理な勧誘は一切ございません。

施術中も施術後もリラックスしていただけるように

施術中は緊張を和らげるために、お声がけさせていただいたり看護師が手を握らせていただいたりと少しでもリラックスできるようにお手伝いしています。
施術後も術後数日~数週間の間に、医師が経過チェックをさせていただき、ご希望の仕上がりになっているか?経過にご不安は無いか?などをお話しいただきます。万が一のための保証制度も整えていますので、お任せください。

目を開きやすくする眼瞼下垂の応用

  • 目が開けにくい
  • まぶたの開きがなんとなく重くなってきた

コンタクトレンズやパソコンの長時間使用が原因とも言われているこれらの症状は、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなる眼瞼下垂(がんけんかすい)の場合も考えられます。
医師の診察で眼瞼下垂の症状が見受けられた場合には、眼瞼下垂の処理を応用した二重切開法を処置することで、目が開けにくいというお悩みも一緒に改善へ導きます。

仕上がりがキレイな理由

目は顔全体の印象を左右する重要なパーツで、ほんの1mm違うだけでも、見える印象が変わってきます。切開法だからこそできるデザインも多いため、傷跡・仕上がり・施術時の不安に考慮し施術をお受けいただけるような体制を整えています。

  • バランスを考えたデザイン
    • まぶたの厚さや筋肉・脂肪の量・たるみやくぼみの状態などによって、切開する長さや幅、切除する組織を調節しながら施術。
    • 必要な場合は、切開時に眼窩脂肪の除去を行う対応もしています。
  • 入念なカウンセリングシミュレーション
    • カウンセリングと施術は同じドクターが担当。
    • 切開法でできる二重と埋没法でできる二重をシミュレーションして、ご希望の仕上がりを選択。
  • 保証制度
    • 当院では、手術前のカウンセリングや手術の技術、アフターケアには万全の体制をとっています。
      しかしながら万が一の場合に備えて、患者様にご満足いただけるよう、施術別の保証制度を設けています。
    保証制度の詳細はこちら
  • 痛みが少ない・腫れにくい麻酔針・量
    • 注入時の痛みを和らげるため、細針(32~33ゲージ)を使用。
    • ポンピング注入やゲートコントロール理論などのテクニックを用い、注入量は少量のため、施術直後の腫れが少ない。
    • 心配な方には眠った状態でできる静脈麻酔にも対応しています。ご希望の方はスタッフへお申し付けください。

腫れも少なく、傷跡も目立ちにくい切開法

傷跡は二重のラインのため目立ちにくい

切開法は“メスを入れる”施術のため、腫れや傷跡などを気にされる方が多くいらっしゃいます。
腫れる期間は個人差がありますが、当院では、腫れが少なくなるよう繊細な手法で施術を行います。

  • おおよそ10日前後で強い腫れは治まります。
  • その後も少し腫れが続きますが、抜糸後には傷跡もメイクで隠すことができます。
  • 傷跡も本来の二重の方のようなラインのため、目立ちにくいです。

ライブサージェリーにて技術向上

当院では技術向上のために全院の医師が集まり定期的にライブサ―ジェリーを行うなど、日々技術力の向上を図っています。

どちらがいいの?全切開と部分切開法

二重切開法には切開する範囲に応じて全切開法・部分切開法があります。どちらも料金は変わりませんので、症状やご希望の仕上がりに合わせて適切な手法をご提案いたします。ただし、脂肪のつき方や皮膚のたるみが強いまぶたへの部分切開法は、逆に傷口が目立つこともありますので、その場合は全切開をおすすめすることも。医師によるカウンセリングでは、そうした点もわかりやすくご説明いたします。

希望する二重のラインに沿って皮膚を切開していき、余分な組織や眼輪筋などを切除し傷跡が目立たないようきれいに縫合することで、縫った部分が二重のラインとなります。しっかりとした二重ラインをつけたい方には全切開法がおすすめです。

施術の流れ Flow

STEP1デザイン

事前の入念なカウンセリングで患者様のご希望を伺います。シミュレーションを行い、仕上がりのラインをデザインしていきます。

STEP2麻酔

局所麻酔を行います。痛みが心配な方には静脈麻酔を行い、眠っている間に全く痛みを感じずに施術をお受けいただくことも可能です。

STEP3切開

デザインした二重のラインに沿って、皮膚を切開します。この際、皮膚下の不要な軟部組織や「眼輪筋」と呼ばれる筋肉の切除を行います。

STEP4筋膜と皮下組織の縫合

切開部から瞼板・挙筋腱膜と皮下組織をナイロン糸で縫合し、3~4箇所で固定を行います。

STEP5瞼板と皮下組織の縫合

最後に切開部の皮膚を縫合します。施術時間は両眼で約1時間です。

プライバシーへの配慮

当院では、個室造りの待合となっています。周囲の方へ気兼ねすることなくリラックスしてお待ちいただけます。
また、受付やご案内の際にも他の患者様と顔を合わせることなくご案内できるようにしており、女性はもちろん男性の方も心配なくご来院いただけます。

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

術後~3日位 手術後は、麻酔などの影響で、多少の瞼の腫れや違和感が見られますが、時間の経過とともに改善されます。手術後、傷口を保護するため茶色いテープを貼る場合がありますが、翌日には剥していただけます。シャワーは、傷口を濡らさないように配慮し、当日からはいれます。
7日後 抜糸は7日後に行い、翌日から目の上のメイクができます。入浴は、抜糸翌日から入れます。内出血が出る場合がありますが、時間の経過とともに消失します。
1ヶ月~3ヶ月後 傷跡は、二重のラインとなり、赤みも3か月以上経過すればほとんど目立たなくなります。目の周りへのマッサージは、1ヶ月後からとなります。運動は、徐々に身体を慣らすようにしてください。
副作用 抜糸後にチクチクした感じがある場合は、糸が残っている場合がありますので、早めに当院医師の診察をお受けください。稀に傷口の炎症・感染が起こる場合があります。目頭・目尻の赤み痛みが持続する場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。炎症・感染の状態によっては、傷の盛り上がりや傷が残る場合があります。

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※ 当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。

※ 施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

二重術(切開法)についてよくあるご質問

一重で少し腫れぼったい目のため二重手術を考えています。希望の二重は幅広くパッチリした目です。
どのような手術が合いますか?
二重の手術には埋没法(切らない、糸で二重ラインを作る方法)と切開法(まぶたを切ってしっかりと二重にして脂肪を取り除いたり出来る方法)があります。腫れも少なく済むのは埋没法ですが、腫れぼったいまぶたの場合には、いずれ二重ラインが取れてしまう場合があります。切開法は手術後に腫れが2週間程度は続く手術ですので、休みが長く取れる場合に行うと良いでしょう。
一重瞼で、つけまつげをしたら二重になるのですが、綺麗な二重になりたくて、埋没法か切開法で、悩んでいます。
埋没法は一重に戻ってしまうとクチコミで読んだのですが、つけまつげをした時の二重幅で埋没法をしたら、二重の癖がつくことはあるのでしょうか?あと、埋没法は多くても3回までしかできないことや、眼球を傷つけたり、糸が緩んだ時に糸が見えたりするなどと聞いたのですが、これから先のことを考えると、埋没法か切開法どちらが良いか悩んでいます。
たまに癖がついてそのまま二重のこともありますが、戻ってしまうこともあります。しかし、希望通りの二重でもいづれラインを変えたくなるかもしれないので、不安が強いようであれば初めて二重を作る場合には、元に戻せる埋没法がよいと思います。その後で切開法をご検討される方もいらっしゃいます。埋没法は3回までとは決まっていませんし、眼球を傷つけることもあまりないですよ。
私は4年程前に二重埋没をしていただき、とても形が綺麗で気に入っていたのですが、糸がゆるんできたような気がします。一度とれてしまうと次回は切開の方がいいでしょうか?埋没と全く同じラインや仕上がりになるでしょうか?
切開だとくいこみが深くなったという話も聞き少し不安です。
一度取れても、どうしても切開したくない場合は再度埋没法での手術でも大丈夫ですが、恐らくいずれまた今回のように二重ラインがぼやけてくる事が予想されるので、今回時間などに融通が利くのであれば、切開をされた方が良いでしょう。埋没法と同じラインで切開手術をしても、埋没法とほぼ同じ二重ラインになります。
切開法の場合のラインは、埋没法でキレイに二重ラインが出ていた頃とほぼ同じぐらいの感じで、不自然にくっきりしません。

こんな施術もおすすめ

Contact

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
来院予約 ご相談・お問合せ