• LINEで予約
  • 当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
閉じる

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

小顔注射 Features

聖心独自の特長

大切なのは、注入の「位置」「量」の2つです。

咬筋(かみしめる筋肉)の発達状態によって、効果的な注入が変わります。カウンセリングにて、ドクターがしっかりと診察。あなたに適した位置・量に注入をご提案します。ドクターは専任制です。カウンセリングも注入も同じドクターが対応いたします。

シンプルな方法だからこそ、技術力が必要です。

小顔注射は筋肉に注入する治療です。
そのため、筋肉・脂肪のつき方を熟知していなければ、
効果を出すことは難しいとされています。

製造元から直接技術学んでいます

当院のドクターは薬剤製造元の研修に参加し、
日々、注入技術を高めています。

小顔注射の基礎知識

何故効くの?小顔になるメカニズム

フェイスラインの「エラ」の部分には、「咬筋(こうきん)」という筋肉があります。例えば筋トレで腕の筋肉が盛り上がるように、”咬む”ことでこの”咬筋”が鍛えられ、盛り上がって、フェイスラインをベースボール型にさせてしまうのです。小顔注射では、この「咬筋」の動きを抑えることでフェイスラインをすっきりとさせ、小顔効果が期待できるのです。

骨を削らなくてもエラは小さくなる?!

「エラが張っているのは、骨を削らないと治せない」と思われている方もいらっしゃいます。しかし、実は「筋肉」の過剰な発達が原因である場合があります。
その場合は、エラ削りなどの大掛かりな手術をしなくても、小顔注射でエラの張りを改善することで、小顔に見せることが可能です。

筋肉の働きを弱めて、困ることはありませんか?
咬んだり、笑ったりする時に不自然にならないか心配です

大丈夫です。
咬んだり笑ったりするときは、複数の筋肉を使っています。咬筋の力が抑えられても、大きな影響はないでしょう。
また、患者様の咬筋の発達具合に適した注入量を調整するため、効き過ぎて、表情が不自然になることは抑えられます。

技あり小顔注射

咬筋への小顔注射は、顔の筋肉の位置や表情を作るメカニズム等、解剖学を熟知している医師だからこそ、適格な判断ができる治療です。施術の際は、咬筋の大きさや発達具合を見極め、注入量を調整します。量が多過ぎると効果が出過ぎ、顎に力が入りづらい等の違和感が出ることがあります。シンプルな注入法だからこそ、知識と経験が効果を引き出すのです。

何回も注射しないと効果がないと聞きました。
何回するのがいいですか?

1度でも効果は期待できます。
当院では、何回も注射を繰り返すという心配はありません。咬筋の発達具合にもよりますが、小顔注射で一度動きを抑えてあげると、それほど後戻りをしないと言われています。ただ、噛み締める習慣(硬いものを好んで食べる、歯ぎしりなど)がある方は咬筋の筋トレを行っているようなものですので、戻ってくるかもしれません。そのような方は1~2年に1回程度の頻度で治療を行うと良い状態を維持できますよ。

輪郭注射との組み合わせ治療

当院では、エラ張りに効果のある小顔注射の他に、二重あごなど頬やあご下周りの脂肪解消に効果のある輪郭注射を導入しています。エラ張りと脂肪、両方の症状がみられる場合、治療を組み合わせることによって、さらに小顔効果を高めることができます。当院では、小顔注射と輪郭注射を同時に申し込まれた場合のプランをご用意しています。

小顔注射の種類と特長

一般的な小顔注射製剤と特長
製造元
A社(日本)
B社(イギリス)
C社(韓国)
導入の有無
導入
非導入
特長
注入時の痛みが少なく、ピンポイントで狙った部位に効果を発揮します。
注入時の痛みが少なく、注入後広がりやすく、広範囲に効果を発揮します。
安価だが効果が弱く、注入時に痛みがあると言われています。

聖心の基準をクリア!安心を目指した薬剤です。

聖心美容クリニックでは、患者様にお届けする前に、「導入審査」を実施しており、合格した薬剤のみが、正式なメニューとなります。
この導入審査では医師がその薬剤を実際に体験し、効果をその目で検証します。
審査基準をクリアした薬剤だからこそ、自信を持っておすすめできるのです。

ハーフサイドテスト結果報告

何種類ものメーカーから販売されている薬剤で、実際にハーフサイドテスト※を行いました。

※ハーフサイドテストとは、右側と左側で別の薬剤を注入し、効果を比較する方法です。1つの部位を複数人で複数部位テストしています。

結果この2つの薬剤が、患者様のご希望に合わせた治療を行えるものと判断し、当院では、この2種類しか使用していません。

リスクを軽減。注入技術への挑戦

痛みを軽減した小顔注射を目指して

施術時は注入部位を冷やす「アイシング」を行っています。瞬時にアイシングを行うことで、痛みを軽減します。また、注入後の腫れや内出血を抑える効果もあります。痛みに弱い方には、麻酔もご用意していますので、ご相談ください。

製造元から直接技術を学び、施術経験を積んだ医師が対応します。

当院では全員が製造元から直接技術を学び、施術経験を積んだドクターです。
薬剤製造もとの研修に定期的に参加し、日々、注入技術を高めています。

トレーニングや技術研究を欠かしません。

小顔注射は、様々なクリニックで扱われている非常にポピュラーな施術です。メスを使わず傷がつきません。

しかし、実は、小顔注射はとても奥が深い治療。注入量や部位・濃度を複雑な筋肉構造に合わせて微調整することで、ピンポイントあるいは広範囲に、患部の状態に合わせて精密な効果の調整が可能です。薬剤の効果をうまく調整するためには、解剖学的筋構造を理解した医師の技術と経験が重要なのです。
当院の医師は海外のドクターを招へいし、小顔注射のトレーニングを定期的に受けています。(2011年度6回実施)

当院では日々変化する医療現場において、患者様の満足度向上に励んでいます。

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング

医師とのカウンセリングで気になるシワの部位や状態をしっかりと確認します。
不安や疑問点がありましたら、医師にご相談ください。

STEP2麻酔

注射の痛みは耐えられる程度ですが、痛みに弱い方には塗るタイプの麻酔※もご用意しております。
※ご希望の方はスタッフにお申し付けください。

STEP3注入

小顔注射を行います。

STEP4注入後

注入後は痛みや腫れもほとんどなく、すぐにメイクをしてお帰りいただけます。
注入後3~4日目には効果が現れ始め、4~6ヶ月程度持続します。
効果を持続させたい場合は、数回の継続治療を受けられることをおすすめします。

※効果の持続には個人差があります。

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置時間 約10分 

※注入範囲により異なります。

通院 なし
メイク 当日より可能
入浴・洗顔 当日より可能
処置後の経過 処置の効果は徐々に出てきます。約2週間で効果が安定し、その後、徐々に効果が失われてきます。4ヶ月から半年に一度の追加を目 安としてください。効果には個人差があり、一度に多量の注入をすると効果が強すぎる場合もありえます。追加を希望される場合も症状が安定 する2週間はお待ちください。
効果 小顔注射は、筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の働きを弱める働きがあります。これは、筋肉の収縮時に産出されるアセチル コリンという物質の動きをブロックする働きで、これによって筋肉の動きを抑制します。この作用を応用することで、しわを作る筋肉の過剰な収縮を 弱め、しわをなくしていくことができます。
副作用情報 稀に注射部位に内出血、周辺部に赤みが出ることがあります。また、極稀に小顔注射の効果が強く出た場合、一時的に表情が 変わってしまうこともありえます。これらの症状は時間の経過とともに解消されます。
内出血を予防・改善するクリームをご用意しておりますのでご相談ください。
薬剤使用上の注意には下記の記載がございます。
  • 妊娠する可能性のある婦人は、投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する。
  • 男性は、投与中及び最終投与後少なくとも3ヵ月は避妊する。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

こんな施術もおすすめ

Contact

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
来院予約 ご相談・お問合せ