• LINEで予約
  • 当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
閉じる

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

エイジングケア
Aging Care

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

ヒアルロン酸注入の特長 Features

ヒアルロン酸注入の適応症状

年齢とともに肌のハリが無くなり、深い溝となったシワやくぼみ。
ほうれい線や頬のくぼみなど、加齢による症状が気になる部位にヒアルロン酸を注入することで、体内に元から存在する自己のヒアルロン酸と融合して、皮膚にふくらみを持たせます。

目周りの小ジワ(ちりめんジワ)にはマシン治療の併用もおすすめ

ヒアルロン酸での効果的な治療が難しい目周りの小ジワ(ちりめんジワ)には、高周波(RF)を使ったマシン治療「アグネス」や「ネオジェンスパ」 が向いています。コラーゲンやエラスチンを生成し、シワの改善を図ります。

※アグネスは、大宮院・横浜院・大阪院限定、ネオジェンスパは東京院限定の施術です。

ヒアルロン酸の薬剤メニュー

ヒアルロン酸には複数の種類がありますが、当院では以下の薬剤をご用意し、患者様のお悩みに合わせて使い分けています。

薬剤の特長

製造元
特長
  • NEW
B社⑤
顎、フェイスライン、鼻の形成に適したほどよい硬さのヒアルロン酸です。
膨潤しにくく、リフト力と長期持続性が期待できます。
B社④
口唇をメインとし、目の下のくぼみ・額にも使用される低濃度のヒアルロン酸です。膨潤しにくい低吸収性の注入剤で、よりイメージに沿った仕上がりが期待できます。
B社②
顔のしわや溝の改善に適しており、膨潤しにくく優れた成形性で、イメージに沿った仕上がりが期待できるヒアルロン酸です。顔の組織になじみやすいです。
B社③
シワ・ほうれい線・涙袋などに用いられているヒアルロン酸です。
B社①
弾力性と粒子の大きさのバランスが良く、頬やこめかみなどのボリュームアップに適したヒアルロン酸です。
A社
適度な硬さで自然な仕上がりが期待できます。
C社
フランスでも使用されている、目の下など柔らかい箇所へ向いているヒアルロン酸です。

注入時の痛みを和らげる成分「リドカイン」が配合されています。

聖心のヒアルロン酸注入が選ばれる理由

Point1聖心式マイクロテクニック

シワやくぼみの治療では、ヒアルロン酸をどの位置にどれくらいの量を注入するのかが重要です。聖心式マイクロテクニックでは、ミリよりも細かい単位で注入位置の調整を行います。一般的な治療だからこそ、工夫をしています。

Point2「1本単位」である必要性

聖心では1本単位で料金設定しています。当院では使い回しはしておりません。

シンプルな方法だからこそテクニックが必要です

座った状態での施術

大切なのは、「注入する位置」「注入する深さ」「注入する量」です。どれが欠けても、シワ改善は図れません。さらに、当院では仰向け状態ではなく、座った状態で施術を行っています。座った状態で注入することで、注入後の違和感を軽減することができます。注入中にお鏡でご確認いただくことも可能です。(※患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により寝た状態で施術を行うこともあります。)

マイクロテクニックを支えるアイテム

ご満足いただけるヒアルロン酸注入を目指して

安全性への配慮

料金設定を安価にするために、注射の針を替え、残った注入材を別の患者様に使い回すことは感染症の恐れがあり、極めて危険な行為です。当院ではヒアルロン酸等の注入治療について、1本単位で使用し1回で使い切らなかった場合は破棄しています。

痛みと内出血を軽減

当院では注入時に極細の特殊な針「pix'L(ピクセル)」を使用し、すべての方にこの細針での注入を行っています。

「pix'L(ピクセル)」は先端が丸まっており、しなる材質のため、毛細血管や神経を傷つけることなく薬剤の注入が可能です。そのため、注入時の痛みだけでなく、内出血や注入後の腫れまでも軽減することができます。

ヒアルロン酸注入の修正について

失敗するとどうなるの?

ヒアルロン酸の注入技術が十分でないと、以下の様なリスクがあると言われています。

注入過多による膨らみ過ぎ
注入時および注入後の痛み
意図しない位置への流出

当院ではこのような症状を回避するため、日々、ドクター同士の意見交換や、トレーニングを行っています。また、痛みを緩和する成分が含有された薬剤や、痛みの少ない針を使用することで、ストレスのない注入を目指しています。

カウンセリングが大切です。

「もう少し」「ここをもうちょっと」の希望を叶えます。そのためには、十分なカウンセリングが大切です。ドクターがお顔のバランスを見ながら判断し、時には注入が不要であることもお伝えします。

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング

医師とのカウンセリングで、ご希望をお伺いします。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。またシミュレーションシステムを使って、術後のイメージを共有します。

STEP2注入

細い針を使用し、皮下組織と真皮下層の間に注入します。
注入後、見た目がなめらかになるように注入部位をマッサージして整えます。

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

処置期間 約5~10分
通院 なし
メイク 当日より可能
日常生活 洗顔・シャワーは当日より可能です。
入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。
腫れ・赤み 稀に注入部分に内出血、周辺部の赤みや腫れ、硬さが出現する可能性がありますが、時間の経過と共に解消されます。
個人差はありますが1~2週間程度で落ち着いてきます。
内出血を予防するクリームをご用意しておりますのでご相談ください。
効果 当院で取り扱っているヒアルロン酸は、すべて非動物性由来の製品です。 ヒアルロン酸は、医療の臨床現場では、白内障の手術補助剤としてや、長期期間繰り返し注入が必要な変形性膝関節症の治療においても用いられます。
副作用情報 赤みや腫れが持続する場合には、アレルギーや塞栓(注入物によって血管が塞がれ、血流が遮断し、皮膚が壊死してしまう状態。特に鼻・眉間)などの可能性がございますので、早めに当院医師の診察をお受けください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

ヒアルロン酸注入のマメ知識Knowledge

ヒアルロン酸では、シワ改善以外に、4つのフェイスライン形成ができます。

ヒアルロン酸注入についてよくあるご質問

ほうれい線が気になり、ヒアルロン酸注入を考えています。 30歳では年齢的に早いでしょうか?
年齢的にも早い人では20代で始める人もいますし、早すぎると言うことはありません。しかし、年齢とともに皮膚がたるみ、徐々にシワが深くなってきます。そうなるとヒアルロン酸だけでの改善は難しくなってしまいますので、予防として処置をしておくのも良いと思います。
注射時の痛みが心配です・・・
当院では、ご希望により麻酔クリームをご用意しております。これを使うと注射の痛みが和らぎます。当院では、薬剤自体に麻酔効果があり、痛みを軽減できる「リドカイン」が含まれているヒアルロン酸も取り扱っております。
目じりのしわ除去を検討しております。
目尻のシワは基本的には注射による治療になります。笑った時に出来る動きに伴うシワに対しては、筋肉を抑制するタイプの「シワ取り注射」を行います。これにより目尻の表情筋の動きが抑えられますのでシワが寄りにくくなります。処置にかかる時間は10分程度です。笑っていない時にもある刻まれたシワに対しては、ヒアルロン酸注射を行います。これによりシワの凹みを膨らませて浅くします。処置にかかる時間は15分程度です。どちらの治療が適しているかは現在の状態、ご希望によっても異なってきます。
何回くらい注入を継続していいのでしょうか? 毎年受けても体には負担はないのでしょうか?
ヒアルロン酸は完全に分解される物質ですので、体内に残るということはありません。
ヒアルロン酸の吸収度合いにより、年に1回程度の注入が可能です。

こんな施術もおすすめ

Contact

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
来院予約 ご相談・お問合せ