• LINEで予約
  • 当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
閉じる

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

クリトリス包茎の特長 Features

クリトリスの外側に、包皮と呼ばれる皮膚が全体的に覆い被さっている状態が、クリトリス包茎です。包皮がない人というのはいませんが、覆い被さっている包皮の量には個人差があります。クリトリスに皮が被さっている状態を長く続けていると、分泌物やアカがたまり臭いの原因ともなります。

このような場合、被さっている皮を切除する手術を行います。当院では、縫合の際に溶ける糸を使用します。

※ 女性医師による診察のご希望もお受けできます。

クリトリス包茎と小陰唇肥大

小陰唇が肥大している場合、クリトリス包茎も併発しているケースが見受けられます。これらは同時に手術を行うことも可能です。

小陰唇縮小術について詳しくはコチラ

施術の流れ Flow

手術は局所麻酔で行います。クリトリスを被っている余分な皮を切除し、1/2~1/3程度見えるようにします。溶ける糸で縫合していきます。手術時間は約30分前後で入院の必要もありません。当日はナプキンを合ててお帰りいただけます。

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

クリトリス周辺はもともと血流が良いため治癒力があり、手術の跡はほとんど目立ちません。吸収される糸で縫合しますので、抜糸の必要はありません。術後のヒリヒリとした痛みは1~2週間程度で落ち着きます。

  • シャワーは施術の翌日から可能です。 (石鹸やボディーソープの使用は1週間程度控えてください)
  • 性行為は1ヵ月程度控えて下さい。
  • 排尿後は、なるべくウォッシュレットやシャワーで洗浄するなど、トイレットペーパーでこすることは避け、清潔を保ってください。
  • 施術後、1週間程度は出血する場合があります。その際はナプキンをあててください。
  • 激しい運動は1週間控えてください。

クリトリス包茎についてよくあるご質問

クリトリスの周りが小陰唇の上のほうの皮に包まれていて、出ていません。手術で治るものなんでしょうか?
クリトリスが包皮に覆い被さっている状態を、クリトリス包茎といい、男性の包茎と同様と考えて差し支えありません。この治療をお受けになる方はかなり多くいらっしゃいます。 手術により、この包皮を適度に取り除いて1/2~1/3程度見えるようにします。個人差がありますが、術後、慣れるまでは刺激が強すぎたり、痛みがあることもあります。
施術中、痛みはありますか?
手術の際の痛みや怖さは、無痛麻酔(静脈麻酔)で抑えることが出来ますので、ご安心下さい。 手術後は少しは痛みはありますが、日常生活に支障が出るほどではありません。 通常は痛みや違和感は1~2週間で落ち着きますが、個人差はありますので、1ヶ月程度余裕を持って考えていただくと良いでしょう。

こんな施術もおすすめ

Contact

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

当クリニックの診療は自由診療(保険適用外)となります。
来院予約 ご相談・お問合せ